読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

瞑想 効果的な瞑想のやり方や方法でも危険?

ヒマラヤ聖者ヨグマタ相川圭子直接指導のヒマラヤ秘法秘教瞑想 ヒマラヤ聖者の太陽になる言葉【無料プレゼント】 http://pureapple.info/welcome/present2/

尊い生命の教え伝承を

第五代将軍綱吉が敷いた

「生類憐みの令」

 

 f:id:himalayakai:20140411183920j:plain

 

これは犬だけではなく、

猫や魚、

虫、

幼児や老人にまで及んでいたという。

 

当時、

家畜の牛や馬の遺棄や、

金銭的理由などから

病人や子供を捨てることが少なくなかったためだ。

 

命の尊さをうたった大事な政策である。

 

茨城県2012年度の犬処分数が全国一だった。

2位の沖縄県を大きく引き離し、

今回で8年連続。

 

すっかり常連となった

都道府県の魅力度ランキングのワースト記録とは訳が違って、

笑って済まされる話ではない。

 

これではどんなにPRをしても魅力度は上がらない。

 

身寄りのない犬を一時的に保護する県の動物指導センターには

12年度、3,000頭以上が収容された。

 

その内訳は、

野良犬、

飼い主不明、

飼い主の直接放棄。

 

野良犬も飼い主が野放しししたことによるものも多いはず。

 

要は、人間のマナーの問題である。

 

f:id:himalayakai:20140411184105j:plain

 

 

過日、

水戸藩9代藩主の徳川斉昭公が設立した藩校、

弘道館が見事に震災復興を遂げた。

 

f:id:himalayakai:20140411184128j:plain

 

目に見える建物を継承していくことはもちろん大事だが、

綱吉公の

命の教えを伝承することも忘れてはならない。

 

 

命を抱え、

育むということは、

大いなる責任と覚悟が必要なのである。

 

 

ここまで転載(埼玉建設新聞「日々の栞」より)

 

 

ペットは、物ではない!!

私たちと同じ生きています。

動物指導センターでの処分は、安楽死ではない!!

 

みんなの意識が

幸せの方へ

平和の方へ

一日も早く変わりますように☆

 

 

命は、みんな平等です。